Blog

ブログ

2018/1/26 What's VOLVO

なぜ、ボルボはヨットレースに協賛するのか?…自動車メーカーのマーケティング活動

自動車メーカーにとって最も重要なことは、言うまでもなく最高のクルマを作り顧客に届けることです。そのために研究・開発(R&D)や生産設備に巨額の投資を行います。一方で、ただがむしゃらにクルマを作り続けるだけでは、顧客を満足させることはできませんし、様々なブランドの中で自社のものを選んでもらうことはできません。そこで、マーケティングが必要になるのです。

 

企業のマーケティング活動には様々な形のものがあります。TVCMや雑誌の広告などはわかりやすい例かもしれませんが、大きなイベントへの協賛も一般的に行われている活動です。もちろん、自動車メーカーとしては、どんなイベントでも協賛できるわけではありません。自社のブランドとマッチしているか、協賛することで自社のブランドの価値が向上するか、費用対効果は十分か、などを総合的に勘案した上で決定がされるのです。

 

◯ボルボ・オーシャンレースとは

では、具体的な例を見てみましょう。スウェーデンのブランドであるボルボは「ボルボ・オーシャンレース」という名で、2001年よりヨットレースの冠スポンサーを務めています。このレースはその名の通りヨットのレースなのですが、最先端の装備を搭載したヨットで世界を一周し、そのスピードを競うという非常にエキサイティングかつ過酷なレースです。1973年の第1回レースでは、イギリスのポーツマスを出発点/到着点としていましたが、2017-2018年のシーズンではスペインのアリカンテからスウェーデンのヨーテボリまでがルートとなっています。ちなみに、ヨーテボリはボルボの工場があることでも知られています。今シーズンでは、航路の中で特に過酷な南極海を、前回のほぼ3倍の距離を航海するだけでなく、全体の航海距離も史上最長というこれまでにないレースとなっています。

 

ボルボがオーシャンレースの冠スポンサーを務めることになった背景には、ボルボが目指すブランドイメージと、オーシャンレースが持つイメージが重なったことがあるでしょう。ヨットには優雅なイメージがある一方で、レースとなると、タフネスさや知的さ求められるプロフェッショナルな側面もあります。ボルボが目指す理想像もまた、優雅さとタフネスさ、知的さを持ったブランド、そしてクルマであるのでしょう。

 

ちなみに、世界最古の歴史を誇るヨットレースである「アメリカズ・カップ」では、ルイ・ヴィトンが冠スポンサーを務めているほか、ランドローバーが参戦するなど、そちらも企業のブランドイメージ向上に一役買っています。

 

◯自動車メーカーのマーケティングにモータースポーツは欠かせない

また、自動車メーカーのマーケティング活動として、モータースポーツは欠かせません。モータースポーツが国民的スポーツのひとつとして大変な人気を博している欧州では、各メーカーがマーケティング活動を行なっています。

 

先のボルボの例に関して言えば、公式モータースポーツ・パートナーであるポールスターとタッグを組み、WTCC(世界ツーリングカー選手権)などを戦っています。WTCCはF1、WEC、WRCと並ぶ世界四大自動車レースの一角を担う非常人気のあるレースです。ツーリングカーという名の通り、私たちが普段目にする市販車をベースとしたマシンで戦っていることから、企業のマーケティングとしても非常に有効なレースです。しかも、レギュレーションや改造範囲が厳格に規定されているため、どこかひとつのマシンだけが突出して速いということはなく、毎戦非常に緊迫した接戦がその魅力のひとつとなっています。

 

◯モータースポーツの恩恵は市販車にも

もちろん、宣伝効果という意味でも、よい成績を残すことがモータースポーツ活動では重要です。しかし、世界中のあらゆるメーカーが参戦していることから、そう簡単ではないことも事実です。さらに、チーム運営や開発なども含めて、モータースポーツ活動には多額の費用が必要です。そのため、経済状況によって撤退してしまうメーカーがあるのもまた事実です。

 

一方で、モータースポーツ活動は、宣伝効果以上のメリットももたらします。制約の中で最高のパフォーマンスを出すためのエンジニアリング、一般道での走行とは比較にならないくらいの過酷な走行にも対応する耐久性、限られた燃料でできるだけ多く周回するための燃費向上技術などは、そのまま市販車の技術向上に役立ちます。ボルボの場合でも、ポールスターがチューニングしたモデルが登場するなど、モータースポーツ活動の成果は確実に得られています。

 

自動車メーカーにとって、よいクルマを作ることが最も重要であることは冒頭に述べたとおりですが、このようなマーケティング活動によって形成されるブランドイメージもまた、重要な要素なのです。

 

 

posted by NEXTAGE|株式会社ネクステージ
■ 北欧文化の発信基地 ■
北欧とボルボの魅力を、日本人ならではの感動サービスとともに。

【大阪のボルボ正規ディーラー】

 ボルボ・カー香里園(大坂府 寝屋川市)

 ボルボ・カー堺(大坂府 堺市)

【富山のボルボ正規ディーラー】

 ボルボ・カー富山(富山県 富山市)