Blog

ブログ

2018/1/26 What's VOLVO

COTYに選ばれたボルボ XC60の魅力とは

毎年、年末になるとにわかに盛り上がるのが、日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)です。自動車メディアを中心とする実行委員会によって専任された有識者60名の投票によって、その年の最も優れたクルマが選定される、業界が最も盛り上がるイベントのひとつです。

 

2017年度のCOTYでは、ちょっとした”波乱”がありました。工場での検査過程に関連する一連の不祥事によって、日産とスバルが選考を辞退したのです。日産・リーフが本命と思われていただけに、辞退によって賞レースの行方がわからなくなって来ました。

 

その結果、ボルボ・XC60が競合を抑えて、2017年度のCOTYを受賞しました。上述のような背景があったとは言え、輸入車が受賞するのは、2013年度のVW・ゴルフに次いで史上2度目の快挙でした。ではそんなXC60はどのようなクルマなのでしょうか?その魅力とともに紹介します。

◯ボルボ・XC60とは

XC60はボルボが2008年に発売したミッドサイズSUVです。新型XC60は、2017年10月に国内発表され、まさにできたてホヤホヤの中、COTYを受賞したのです。初代のXC60は、欧州プレミアムブランドとしては最も売れたミッドサイズSUVとボルボ自身が胸を張るように、デビュー以来約100万台が販売され、現在のボルボの約30%の販売台数を占める重要なモデルです。

 

新型XC60は、すでに販売を開始しているフラッグシップSUVであるXC90同様、ボルボの新世代デザインを継承したシンプルかつスタイリッシュなデザインとなっています。インテリアについても、水や天候の影響によって自然に作りあげられた木目が美しい流木からデザインコンセプトを取り入れたドリフトウッドや、質感の高いメタルを用いたデコレーション・パネルなど、洗練されたマテリアルを取り入れることで、スカンジナビアンデザインを表現しています。

◯安全装備もパワートレインも文句なし

もちろん、ボルボが最も重視する安全性能についても、進化しています。初代XC60では、日本ではじめて完全停止する自動ブレーキシステムとして、CITY SAFETYを採用するなど最先端の安全装備が搭載されていましたが、新型XC60でも同様に、最新のテクノロジーを活用し、乗員のみならず、車外の人をも守る16種類以上の先進安全・運転支援機能、IntelliSafeが標準装備されています。また、3つのステアリング・サポート機能が新たに標準搭載となっています。

 

日本市場では、3つのパワートレインが用意されています。ベースとなる2リットル4気筒スーパーチャージャー直噴ターボエンジン「T6」に加え、同じく2リットル4気筒のターボディーゼルエンジン「D4」、そして、2リットル4気筒スーパーチャージャー直噴ターボエンジンと電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドの「T8」です。あらゆるニーズに対応しているという意味でも、死角はなさそうです。

 

そのほか、インフォテインメントシステムも最新のSENSUSが標準搭載されているなど、ハードウェアのみならずソフトウェアの面でも大きく進化しています。

 

価格は599万円からとなっており、例年のイヤーカーからすると高額ではあります。しかし、コストパフォーマンスという面で見ると、一般的にボルボ車はドイツ車などと比べて、同価格帯でも装備が豪華という傾向があります。また、残価設定ローンなどのファイナンスプランが浸透してきた現代においては、決して手の届かないクルマではないと言えるのかもしれません。

 

◯噛めば噛むほど…なクルマ

COTYを受賞したかどうかというのは、あくまで結果のひとつではありますが、XC60が魅力的なクルマだったからこそ受賞したということは間違いありません。

 

XC60に限らず、ボルボ車はイタリアやフランスのクルマに見られるような、ひと目見て衝撃を受けるような派手さはありません。けれども、実際に使用する人間を中心に設計された洗練されたデザインに加え、世界最高レベルの安全性能、競合ブランドと肩を並べる走行性能など、死角のなさこそが最高の魅力です。また、現実的な目線で言えば、XC90は価格的にもサイズ的にも多くの日本人にとってベストチョイスとは言いづらいですが、XC60であればより万人受けすることでしょう。

 

もし、一日だけ乗ってみるのであれば、スポーツカーやオープンカーなど、派手なクルマを選ぶ人は多いのかもしれません。XC60はそういったクルマではないのかもしれませんが、噛めば噛むほど味の出て来るスルメのようなクルマ、そういった表現が似合いそうな1台です。

 

posted by NEXTAGE|株式会社ネクステージ
■ 北欧文化の発信基地 ■
北欧とボルボの魅力を、日本人ならではの感動サービスとともに。

【大阪のボルボ正規ディーラー】

 ボルボ・カー香里園(大坂府 寝屋川市)

 ボルボ・カー堺(大坂府 堺市)

【富山のボルボ正規ディーラー】

 ボルボ・カー富山(富山県 富山市)