Blog

ブログ

2018/3/27 What's VOLVO

S60 vs S60 Polestar…どれほど違うの?

似て非なる自動車が世界中に存在します。その1台がボルボ S60とボルボ S60Polestarです。S60Polestarは一見S60のホットバージョンですが、Polestarの技術はサーキット直系。どれほどの違いをS60に与えるのでしょうか。

 

Polestarとは?

Polestarはボルボのハイパフォーマンス部門です。元来は1996年より活動を開始したボルボ公式レーシングチームです。レース参加により蓄積したノウハウを活かすべくボルボ車の公式チューナーとなります。Polestarがチューニングを手がけた最初の量販車が、2013年に発表されたS60 Polestarで、同時にV60 Polestarも発表されました。その後2015年にはPolestarはボルボの完全子会社となり、ハイパフェーマンスカーに特化した自動車メーカーとして扱われています。

 

ボルボ S60とは?

現行型S60は2010年より販売している2代目モデルです。フォード時代に開発されているため、フォードのEUCDプラットフォーム(ボルボではボルボ・Y20プラットフォームと呼称。)を使用しています。

日本仕様の搭載エンジンはガソリン3種、ディーゼル1種です。ガソリンエンジンには1.5L直列4気筒インタークーラーターボのT3、2.0L直列4気筒インタークーラーターボのT5、2.0L直列4気筒インタークーラーターボとスーパーチャージャーのT6が用意されます。ディーゼルエンジンは2.0L直列4気筒ディーゼルターボのD4です。

セーフティー面では10以上の先進安全装備から成るインテリセーフを標準搭載します。2010年発表とASV化が促進される以前のモデルながら、歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム、全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)、フル・アクティブ・ハイビームなどを装備します。

 

ボルボ S60 T6 AWD R-Design主要スペック

■車両寸法・車両重量・乗車定員
●全長×全幅×全高:4,635×1,865×1,480mm
●ホイールベース:2,775mm
●トレッド(前/後):1,580/1,575mm
●車両重量:1730kg
●乗車定員:5名

 

■エンジンスペック
●エンジン種類:直列4気筒DOHCインタークーラーターボ、スーパーチャージャー
●総排気量:1,968cc
●最高出力:306ps(225kW)/5,700rpm
●最大トルク:40.8kg・m(400N・m)/2,100-4,500rpm
●JC08モード燃費:13.6km/L

 

■走行メカニズム
●サスペンション形式(前/後):マクファーソンストラット式/マルチリンク式
●ブレーキ形式:四輪ディスク
●タイヤサイズ:235/40R19
●駆動方式:フルタイム4WD

 

■トランスミッション:8AT
●変速比:1速 5.250/2速 3.029/3速 1.950/4速 1.457/5速 1.221/6速 1.000/7速 0.809/8速 0.673/後退 4.015
●最終減速比(前輪/後輪):3.075 /2.583

S60 R-Design

■販売価格:約614万円

 

 

ボルボ S60Polestarって?

ボルボ S60Polestarは、Polestarによりより高性能にチューニングされたS60です。チューニングポイントはエンジン、サスペンション、トランスミッション、ブレーキと徹底しています。更にカーボンファイバー製エアロパーツやインテリアパネルを採用し、レーシーな雰囲気を車内外に醸し出します。

ハイパフォーマンスカーであるS60Polestarであっても、ボルボ車の一員であることに変わりはなく、人間を中心に置いた車作りは徹底しています。その象徴が10以上の先進安全技術を搭載したインテリセーフの標準採用です。

高性能メカニズムと先進安全装備が合間ってボルボ S60Polestarは季節天候を問わず、快適で安全かつ楽しい走りを実現しています。

 

ボルボ S60Polestar主要スペック

■車両寸法・車両重量・乗車定員
●全長×全幅×全高:4,6×1,865×1,480mm
●ホイールベース:2,775mm
●トレッド(前/後):1,580/1,575mm
●車両重量:1730kg
●乗車定員:5名

 

■エンジンスペック
●エンジン種類:直列4気筒DOHCインタークーラーターボ、スーパーチャージャー
●総排気量:1,968cc
●最高出力:367ps(270kW)/6,000rpm
●最大トルク:47.9kg・m(470N・m)/3,100-5,100rpm
●JC08モード燃費:12.2km/L

 

■走行メカニズム
●サスペンション形式(前/後):マクファーソンストラット式/マルチリンク式
●ブレーキ形式:四輪ベンチレーテッドディスク
●タイヤサイズ:245/35ZR20
●駆動方式:フルタイム4WD

 

■トランスミッション:8AT
●変速比:1速 5.250/2速 3.029/3速 1.950/4速 1.457/5速 1.221/6速 1.000/7速 0.809/8速 0.673/後退 4.015
●最終減速比(前輪/後輪):3.329/2.583

 

■販売価格:約859万円

 

S60とS60Polestarの違い

2台の主要諸元を比較してみると、メカニズム面の違いが目を惹きます。まずはエンジンですが、S60Polestarは同じエンジンながら最高出力で61ps、最大トルクで7.1kg・m向上しています。燃費は当然ダウンしていますが、S60の13.6km/Lに対し-1.4km/Lの12.2km/Lに留まり、日常用途での使用に無理がかかりません。

Polestarのエンジンチューンは各部パーツの見直し、専用ターボチャージャーの採用から排気系にまで及びます。これらチューニングにより自然な燃焼を実現した上でのハイパフォーマンス化と言え、ハイパフォーマンスカーにありがちなピーキーさは影を潜め、上質でジェントルな走行性能を提供します。

 

 

PolestarはS60にリニアに反応する車両特性を与えるため、エンジン以外にもトランスミッションやAWDシステムにもチューニングを施しています。変速比は変わらないものの前輪の最終減速比は3.075から3.329に変更し、高速での伸びを追求しています。

サスペンションのコイルスプリングにはS60 R-Designと比較しレートを80%高めたタイプを採用。さらにショックアブソーバーはオーリンズ社製アジャスタブル・レーシング・ショックアブソーバーに変更し、カーボンファイバー製フロント・ストラットタワーバーを追加してフロントサスペンションの剛性を向上させました。これらのサスペンションチューニングにより、応答性に優れつつ快適性を犠牲にしないハンドリングを生み出しました。

 

エンジンパワーが向上した分、ストッピングパワーも向上させなければ安全な自動車とは言えません。S60Polestarではブレンボ製6ピストン・キャリーと大径371mmのスリット入りベンチレーテッドディスクを前輪に採用、サーキット走行を想定し高耐フェード性能も備えました。このブレンボ製高性能ブレーキシステムは、20インチPolestarホイールに収まります。

これだけの変更を加えながら、車両重量に増加がないのはうれしい限りです。適材適所に使用したカーボンファイバー製部品の恩恵と考えられます。一見しただけでは控えめはエアロパーツを纏ったS60ですが、中身はサーキット走行も可能なホットマシン。S60 Polestarはまさに、現代版「羊の革を被った狼」です。

posted by NEXTAGE|株式会社ネクステージ
■ 北欧文化の発信基地 ■
北欧とボルボの魅力を、日本人ならではの感動サービスとともに。

【大阪のボルボ正規ディーラー】

 ボルボ・カー香里園(大坂府 寝屋川市)

 ボルボ・カー堺(大坂府 堺市)

【富山のボルボ正規ディーラー】

 ボルボ・カー富山(富山県 富山市)