Blog

ブログ

2018/4/23 What's VOLVO

一度は訪れてみたいボルボミュージアム

もうすぐゴールデンウィークがやってきます。海外に行く予定のある方、しかもすウェーディンを予定している方へ、スウェーデン・イヨテボリに位置するボルボミュージアムを訪れてみてはいかがですか?ボルボファンのみならず、自動車ファンにとってのテーマパークなんです。

 

ボルボミュージアムとは?

ボルボミュージアムとは、スウェーデン・イエテボリ市のボルボ・本社内に設置されている博物館。建物は2階建てとなっており、1階には創業期と現在のボルボ車、ボルボトラック、バス、ペンタの船舶用エンジンが展示され、ボルボ・オーシャンレースのブースとイベントブースが設けられています。2階には1930年以降のボルボ車とモータースポーツ参戦車が展示されています。ボルボミュージアムはボルボ車のみならず、ABボルボの製品群も展示するボルボ系企業製品の博物館なのです。

開館時間は平日が10時から17時、土日が11時から16時です。最終入館時間は閉館の45分前まで。数多くの展示物をじっくりと見学するなら、平日に開館と同時に入館したいですね。入館料は大人が100SEK、16~19歳が50SEK、6~15歳が25SEKです。2018年4月の為替では、1SEKはおよそ12.7円なので、日本円では順に1,270円、635円、318円に相当します。
*価格は2018年3月時点のデータとなります。

 

ボルボミュージアムカフェでフィーカを楽しもう!

ボルボミュージアムの1階には売店とカフェが併設されています。売店ではボルボ・カー・ライフスタイルコレクションの最新アイテムや、ボルボオリジナルグッズが購入できます。ボルボミュージアム来場記念にポストカードやミニチュアカーなどを購入すると、自分へのお土産にもなりますね。

またカフェではサンドイッチやコーヒー、紅茶、ソフトドリンクなどを提供しており、近年女性の間で話題の本場の”フィーカ”を楽しむことができます。朝からボルボミュージアムを見学し、ランチタイムにはカフェでフィーカを楽しみ、午後からはショップで好みのオリジナルコレクションを探していると、あっという間に1日が過ぎてしまいそうです。売店、カフェともに平日のみの営業となっていますので気をつけましょう。

 

ボルボ本社の楽しみ方

ボルボミュージアムはボルボ・カーズ本社のビジターセンター内に設定されています。ビジターセンターにはミュージアム以外にも工場見学ツアーや、ブランド・エクスペリエンス・センターが併設されています。

 

ブルートレインで楽しむ工場見学ツアー

平日に開催される工場見学ツアーではブルートレインに乗車して、1枚の鋼板が自動車に加工される行程を間近で見学できます。所要時間は1時間。ツアー参加中は写真撮影やモバイル端末類の使用は禁止です。情報漏えい対策だと思いますが、それだけ重要な部分を見せてくれるということです。ツアーガイドはスウェーデン語、英語、中国語(北京語)で行われます。工場見学ツアーは誰でも参加できますが1回の最大参加人数は30人で、事前予約が必要です。日本語での対応は期待できませんので、日本を出発する前にメールで予約した方が無難です。

 

 

ブランド・エクスペリエンス・センターでボルボの真髄を体験する

ブランド・エクスペリエンス・センターでは現在のボルボの経営目標である「VISION 2020」に対しいかに取り組んでいるかを紹介しています。「VISION 2020」とは、2020年までに新しいボルボ車が関与した交通事故での死傷者を0にするというもの。理想ではなく経営目標である点が、現実的な取り組みであることを物語っています。
1927年の創業以来、常に「人」に対して安全であることを開発理念としてきたボルボ・カーズにとって、安全性へのこだわりはボルボの真骨頂。ボルボのフィロソフィーを体験できるセンターです。ガイダンスツアーも用意されますが、参加できるのは企業、各種機関、学生に限られ、ツーリストは対象外です。ボルボ本社のビジターセンターでは、最新のボルボ車の試乗が可能です。日本未導入の車種やエンジン搭載車にも試乗できるかもしれません。試乗目的で渡航するのなら国際免許証を取得しておきましょう。

 

ボルボミュージアムに行くには?
ボルボミュージアムを訪れるには当然のことながら、スウェーデンに行く必要があります。

 

成田空港からイヨテボリ市までの行き方
ボルボミュージアムの最寄り空港はイヨテボリ・ランドヴェッテル空港で、ヘルシンキ・ヴァンター国際空港経由です。所要時間は成田発で最短12時間25分です。航空券の相場はエコノミー席往復で15万円前後ですから、ヨーロッパ渡航費用としては目が飛び出るほどの金額ではありません。

 

イヨテボリ市内の移動方法
ランドヴェッテル空港からイヨテボリ市中心街の「Kungsportsplatsen」バス停までは空港シャトルバスが12分間隔で運行されています。所要時間はおよそ25分ですが、道路状況と天候により変動します。
「Kungsportsplatsen」停留所で”Göteborg Väderilsgatan”行き10番バスを乗り換えます。「Eketrägatan」停留所で”Volvo Torslanda TK”行き32番バスを乗り換え「Arendal Skans」停留所で下車します。あとはボルボ・カーズ本社まで徒歩で3分の距離です。

 

イヨテボリ市内のホテル相場
仮に現地で5泊して帰国するのであれば、イヨテボリ市のホテル相場が2万円からです。海外で余りに安いホテルではB&Bであったり、シャワーの水圧が低かったり、お湯が出ないなどの場合があります。ホテル代はできる限り節約しないほうがセキュリティ面と精神安全上、良いようです。

これから飛行機を予約するとなると、残念ながらゴールデンウィークには間に合わず、最短で5月中旬の予約になります。ヨーロッパのハイシーズンなので、ぜひボルボミュージアムを中心に旅行プランを立ててみたいですね。

 

posted by NEXTAGE|株式会社ネクステージ
■ 北欧文化の発信基地 ■
北欧とボルボの魅力を、日本人ならではの感動サービスとともに。

【大阪のボルボ正規ディーラー】

 ボルボ・カー香里園(大坂府 寝屋川市)

 ボルボ・カー堺(大坂府 堺市)

【富山のボルボ正規ディーラー】

 ボルボ・カー富山(富山県 富山市)