Blog

ブログ

2018/4/22 What's VOLVO

V40、V60、V90…それぞれどんな人に向いている?

日本ではボルボ車といえばエステート(ツーリングワゴン)のイメージが根強いかと思います。実際、1990年代のツーリングワゴンブームはボルボ 850が火付け役となり、スバル レガシィや日産 ステージアにもブームの影響が及びました。現在のボルボ車のエステートはVシリーズで3車種用意されています。それぞれどのようなユーザー向きなのでしょうか。

 

ボルボ V40はどんな車?

現在のボルボ車は車格別に40、60、90シリーズに分かれており、40シリーズはボルボ車のエントリークラスとなります。現行型V40は初代モデルのクーペ、セダン、ワゴンを統合した2代目モデルで、セダン(S40)の設定はありません。V40を名乗っていますが、ボディタイプはエステートというよりはショートワゴンやハッチバックに類し、ラゲッジスペースは少なめです。

2012年に発表され、2013年から日本でも発売されています。2016年のビッグマイナーチェンジで、ヘッドライトに最新ボルボデザインのトールハンマーを取り入れましたが、元々はフォード傘下時代に開発された車両であるため、プラットフォームはフォード・C1を使用しています。日本仕様の搭載エンジンは1.5L直4ターボのT2と高出力型のT3、2.0L直4ターボのT5とディーゼルターボのD4を搭載します。車両寸法は4,370×1,800×1,440mm(全長x全幅x全高)。車両重量は最軽量は1,755~1,815kg。

 

ボルボ V40に向いているユーザーは?

ボルボ車のエントリーカーであるという側面で見れば、若者や手軽にボルボ車を楽しんでみたい方にうってつけです。ただし駆動方式FFでラゲッジスペースが少ないことから、都市生活を中心にショッピングや、あまり大きな道具を必要としないレジャーを楽しむ方向きです。

 

ボルボ V60はどんな車?

ボルボ V60はボルボのミドルクラスを担うエステートです。2010年より日本でも販売されています。スウェーデン本国では2018年2月に最新プラットフォームのSPAに全面刷新した新型V60が発表されましたが、2018年4月現在日本導入に関しては未発表です。V40よりは長めのラゲッジを備え、エステートとしても十分に機能します。ルーフはクーペのように丸みを帯びており、スタイルに流麗さとスポーツムードを演出します。車両サイズは4,635×1,865×1,480mm(全長x全幅x全高)。車両重量は,925~2,065kgで、車格の割に大柄で重量級です。日本仕様の搭載エンジンは1.5L直4ターボのT3、2.0L直4ターボのT5、ターボとスーパーチャージャーのT6、ディーゼルターボのD4で、2.0L車はいずれも3.5~4.0L自然吸気エンジン並みのビッグトルクを低回転数で発生します。

ボルボ V60に向いているユーザー

ボルボ V60の乗り味は、しっとりと落ち着いています。重量級ボディであるにもかかわらずビッグトルクでスムーズに発進できるため、同乗している小さなお子さんや高齢者にストレスのない運転が可能。ニューファミリーやご両親の介護を行っているご家族に向いています。またボディサイズ的には大人4名には十二分なスペースです。中高生のお子さんをもつご家族や、仕事で同僚や取引先を乗せる機会が多い方にも向いています。さらにラゲッジスペースも十分なので、大型犬を愛犬としている方にもうってつけです。

 

ボルボ V90はどんな車?

現行型ボルボ V90は2016年に発表されました。フォードから中国のジーリーホールディンググループに親会社が代わり、ボルボ最新テクノロジーを全面採用したボルボ完全オリジナルの新世代ボルボ車にして、ボルボエステートのフラッグシップモデルです。
車両サイズは4,935×1,880×1,475mm(全長x全幅x全高)で、フルサイズに迫る大柄さですが、車両重量はガソリン車で2,015~2,125kg、PHEVで2,375kgと1クラス下のV60と大差ないレベルです。車体の軽量化は最新プラットフォームSPAの恩恵です。日本仕様の搭載エンジンは2.0L直4ターボのT5、ターボとスーパーチャジャーのT6、T6にプラグインハイブリッドシステムを加えたT8ツインエンジンの3種。ディーゼルの設定はありません。

ボルボ V90に向いているユーザー

ボルボ エステートのフラッグシップモデルであることから、個人事業主や会社オーナーなどの重役が乗っても似合うモデル。Eセグメント上限の大柄なボディは成人4名には十二分なスペースです。後席に大切なゲストを迎えることもできますし、成人のみの家族にもうってつけです。
ラゲッジスペースは現行のボルボ車のエステートでは最大となるので、大量の荷物や大型犬2頭も楽に乗せることができます。さらにエンジンは最も非力なT5でも最高出力254ps/5,500rpm、最大トルク35.7kg・m/1,500-4,800rpmを発揮。パフォーマンスは十分なので、高速ツアラーとしても活躍できます。日常用途ではどのようにも使用できるV90に、向いていない方はいないと言えます。

 

posted by NEXTAGE|株式会社ネクステージ
■ 北欧文化の発信基地 ■
北欧とボルボの魅力を、日本人ならではの感動サービスとともに。

【大阪のボルボ正規ディーラー】

 ボルボ・カー香里園(大坂府 寝屋川市)

 ボルボ・カー堺(大坂府 堺市)

【富山のボルボ正規ディーラー】

 ボルボ・カー富山(富山県 富山市)