Blog

ブログ

2018/4/20 What's VOLVO

まだまだ街中で見かけるボルボ 240をご紹介

現代のボルボ車は角ばったボクシーなフォルムと造形がエクステリアの特徴となっていますが、このデザインを取り入れたのは1966年に発売されたボルボ 140シリーズからです。ボルボ 140シリーズは改良が加えられ、1974年からは240シリーズとして1993年まで製造されました。

ボルボ 240とは?

 

エステートとしての機能性と居住性を外観からも簡単にイメージできるボクシーなスタイルから、「空飛ぶレンガ(Flying Brick)」の愛称で親しまれたボルボ 240。車名としてのボルボ 240は、1983年から1993年までの10年間に渡り使用されました。ではボルボ 240は1983年の新型車かというとそうではなく、1974年から製造されていた2ドアセダンの242、4ドアセダンの244、5ドアエステートの245のリネームモデルです。当時のボルボのネーミング戦略で、3桁数字のドア数を意味する最後の数字を0に統一する試みでした。モデルの内容が大きく変わったわけではありません。

 

ボルボ 140シリーズから240シリーズに進化

1974年秋に1975年モデルとして発売されたボルボ 240シリーズは2ドアセダンの242、4ドアセダンの244、5ドアエステートの245がラインナップされていました。240シリーズは事実上の140シリーズの大規模マイナーチェンジ版であり、主な改良点は大型バンパーの採用、フロントサスペンションの変更による前部クラッシャブルゾーンの拡大、シャーシの改良、ステアリング形式をボールナット式からラック&ピニオン式に変更しハンドリングの応答と操縦性能を向上させ、上級グレードにパワーステアリングを装備しました。

 

ボルボ 240シリーズのエクステリアの進化

ボルボ 240シリーズは1974年発表時には、先代モデルの140シリーズ同様直線基調のボクシーなスタイルと丸目2灯ヘッドライトを踏襲したエクステリアでした。1981年のフェイスリフトでヘッドライトは角型4灯に変更さえ、高級感あふれる格調高いデザインに変更されます。そして1986年に2度目のフェイスリフトが実施され、ヘッドライトは大型カバーで覆われ700シリーズや850に似たデザインとなります。

 

2ドアセダンの廃止

ボルボ 242が発売された1974年当時、スウェーデンでは2ドアセダンの人気が高かったものの、次第に人気の中心は4ドアセダンと5ドアエステートに移っていきます。2ドアセダンは欧州ツーリングカー選手権の参戦車のベースとなり、モータースポーツで活躍しましたが人気回復には至らず、1984年にモデル廃止となりました。

 

ボルボ 240エステートの人気爆発

2ドアセダンが廃止された理由と関係するかもしれませんが、1982年以降ボルボ 245(240エステート)の人気が特に高まります。その理由はターボエンジンの搭載でした。ボルボ 245ターボ搭載車は、当時のエステートの中では世界最速車の1台となりました。そのためか240シリーズの販売構成比で、245の販売は3分の1を占めるようになり、ボルボ=エステートのイメージが確立していきます。

 

ボルボ 240エステートの主要スペック

ボルボ 240エステート GL日本仕様(1989年モデル)の主要スペックをご紹介します。

■車両寸法・車両重量・乗車定員
●全長x全幅x全高:4,785×1,715×1,475mm
●ホイールベース:2,650mm
●車両重量:1,380kg
●乗車定員:5名

■動力源スペック
●種類:直列4気筒SOHC
●総排気量:2,316cc
●エンジン最高出力:115ps/5,400rpm
●エンジン最大トルク:18.9kg・m/2,750rpm
●使用燃料:プレミアムガソリン

■走行メカニズム
●サスペンション形式(前/後):マクファーソン・ストラット式/5リンクコンスタントトラック式
●ブレーキ:四輪ディスクブレーキ
●タイヤサイズ:185/70R 14
●変速機:4AT
●駆動方式:FR

■販売価格:393万円

 

ボルボ 240に乗りたい!入手方法は?

搭乗員の居住性と積載性を両立し、堅牢なイメージを与えるボクシーなボルボデザインを採用した240エステート。主要スペックをご紹介した1989年モデル以降なら、まだまだ現役で走行できます。そこで中古車相場を調べてみました。

 

修復歴なし車に絞って見ると、最安値で1992年式、24万3,000km走行の38万円、最高値で1992年式、6万1,000km走行で255万円です。1986年式以降の生産車が中古車試乗に流通しています。30年落ちとはいえ、価格は100万円台をキープしている車両もおおく、前ユーザーが大切に乗ってきたことが伺いしれます。
生産年より13年以上前の車に乗ると、自動車税が15%加算されますが、自治体によっては免除措置もあります。当時の無骨なデザインのボルボ 240ファンの方、昔の車だからと所有を諦めるのはまだ早いですね。

 

posted by NEXTAGE|株式会社ネクステージ
■ 北欧文化の発信基地 ■
北欧とボルボの魅力を、日本人ならではの感動サービスとともに。

【大阪のボルボ正規ディーラー】

 ボルボ・カー香里園(大坂府 寝屋川市)

 ボルボ・カー堺(大坂府 堺市)

【富山のボルボ正規ディーラー】

 ボルボ・カー富山(富山県 富山市)