Blog

ブログ

2018/6/27 What's VOLVO

ボルボXC60とBMW X3のインテリアの装備、荷室の広さなどを比較!

一過性のブームで終わることなくどこまでも進化し続けるSUV。特に欧州勢の送り出すプレミアムSUVが大人気です。ついには、ボルボXC60が日本カー・オブ・ザ・イヤーまで受賞したほどです。(輸入車が受賞するのは2度目)そんな勢いに乗るXC60がどこまで本物志向なのか、2017年にフルモデルチェンジを果たし3世代目と熟成の域に達したBMW X3と比較してみたいと思います。

 

【スペック】

■ボルボXC60のスペック

 

 

○ボディ

全長×全幅×全高:4,690mm×1,900、1,915mm×1,660mm
ホイールベース:2,865mm
車両重量:1,830~2,170kg
トランク容量:495~1455L
最低地上高:215mm
乗車定員:5人

○パワートレイン
・D4
エンジン形式:1,968cc直列4気筒ディーゼル+ターボチャージャー
最高出力:140kW(190PS)/4,250rpm
最大トルク:400Nm/1,750-2,500rpm
・T5
エンジン形式:1,968cc直列4気筒ガソリンエンジン+ターボチャージャー
最高出力:187kW(254PS)/5,500rpm
最大トルク:350Nm/1,500-4,800rpm
・T6
エンジン形式:1,968cc直列4気筒ガソリンエンジン+スーパーチャージャー+ターボチャージャー
最高出力:235kW(320PS)/5,700rpm
最大トルク:400Nm/2,200-5,400rpm
・T8
エンジン形式:1,968cc直列4気筒ガソリンエンジン+スーパーチャージャー+ターボチャージャー+電気モーター
最高出力:233kW(318PS)/6,000rpm + 電動機:前34kW、後65kW
最大トルク:400Nm/2,200-5,400rpm + 電動機:前140Nm、後260Nm

○トランスミッションその他
駆動方式:電子制御AWD
トランスミッション:8速ギアトロニックトランスミッション
JC08モード燃費:(T5)12.9、(T6)12.5、(T8)17.3km/l
フロントサスペンション:ダブルウィッシュボーン
リヤサスペンション:マルチリンク
最小回転半径:5.7m

 

■BMW X3のスペック

○ボディ
全長×全幅×全高:4,720mm×1,890mm×1,675mm
ホイールベース:2,865mm
車両重量:1,860~1,890kg
トランク容量: 550~1600L
最低地上高:205mm
乗車定員:5

○パワートレイン
・xDrive20d
エンジン形式:1,995cc直列4気筒ディーゼルエンジン+ターボチャージャー
最高出力:140kW(190PS)/ 4,000rpm
最大トルク:400Nm/1,500~3,000rpm
・xDrive20i
エンジン形式:1,997cc直列4気筒ガソリンエンジン+ターボチャージャー
最高出力:135kW(184PS)/ 5,000rpm
最大トルク:290Nm/1,350~4,600rpm

○トランスミッションその他
駆動方式:四輪駆動
トランスミッション:8速AT
JC08モード燃費:(20d)17.0、(20i)13.5km/l
フロントサスペンション:マクファーソンストラット
リヤサスペンション:マルチリンク
最小回転半径:5.7m

 

それぞれの特徴

 

両車を見比べてまず気づくのが、XC60のスポーティなデザインです。スペックシート上はXC60の方が最低地上高も高く全高もわずか1.5cm低いだけなのにも関わらず数値以上にワイド・アンド・ローに見えます。スカンジナビアデザインのマジックでしょうか。
内装に目を向けると、X3は新しくはなったもののいかにもBMWらしい仕上がりです。良く言えば使い勝手がよく上質ではあるものの、少々目新しさに欠けます。ただし、マルチディスプレイのタッチ機能やジェスチャー機能などの新機能にも抜かりはありません。

 

一方のXC60は、上位のXC90譲りとなる北欧らしい上質で品のいいインテリアにまとまっています。特に革の質感がドイツやイタリアとは全く異なっており、非常に手触りがよく新しく感じます。機能としても中央に配置されたマルチディスプレイがスマートフォンのような操作感で初めてでも戸惑いません。

 

 

SUVでは重要となる居住性に関しては、X3の方が若干広くなっています。ただし、スペック上は広いものの実際の着座間や空間は若干タイトで、スポーツ志向なことが伺えます。XC60もスポーティではあるものの、より適度なゆとりも確保されていてリラックスしたい方に向いているかもしれません。

 

まとめると、品のいい内外装デザインや上質なマテリアルに囲まれたリラックス空間が欲しい方にはXC60、逆にこれまでBMWを所有していたり、SUVにもオンロードでの走る楽しさを求める方にはX3、という選び方もいいかもしれませんね。

 

posted by NEXTAGE|株式会社ネクステージ
■ 北欧文化の発信基地 ■
北欧とボルボの魅力を、日本人ならではの感動サービスとともに。

【大阪のボルボ正規ディーラー】

 ボルボ・カー香里園(大坂府 寝屋川市)

 ボルボ・カー堺(大坂府 堺市)

【富山のボルボ正規ディーラー】

 ボルボ・カー富山(富山県 富山市)