Blog

ブログ

2018/6/30 What's VOLVO

ボルボS60とBMW3シリーズを比較!それぞれどんな違いがあるのでしょうか。

近年ボルボはデザインテイストを一新し、安全装備にも注力していることからV40をはじめ日本でも目にすることがより多くなりました。S60もまた、その影響を大きく受けたモデルです。これまでのボルボの伝統的なデザインを残しつつ近未来的なデザインに昇華させたS60は多くの人に受け入れられています。対するBMW3シリーズはBMW不動のポジションに位置するモデルです。上質な内外装デザインと扱いやすいサイズ、走行性能が世界で支持を得ている理由です。今回は両車について比較していきます。

 

ボルボ S60の特徴

 

現行モデルではS60がボルボのエントリーセダンに位置付けられています。角ばったデザインが特徴のボルボとは異なり、S60は初代モデルから丸みを帯びたフォルムが特徴です。

ボディサイズは全長、全幅がそれぞれ4,635mmと1,845-1,865mm、スポーツセダンでありながら全高は1,480mmとデザイン性を確保しながらも快適な居住性も実現しています。

現行モデルはディーゼル車だけで4グレードと充実しており、トルクと燃費が際立っているのが分かります。ガソリンターボモデルはエントリーグレードのT3、ミドルレンジのT5、ハイエンドクラスのT6で構成されており、それぞれのエンジン特性は大きく異なります。

 

BMW 3シリーズの特徴

 

BMW 3シリーズはBMWを代表するモデルで、扱いやすいサイズから日本でも根強い人気のあるモデルです。

全長:4,645 mm、全幅:1,800 mm、全高:1,440 mmと全高はS60に比べて40mmほど低く抑えられており、全幅を抑えながらもワイドボディを表現しています。

近年はBMWでもFF(前輪駆動)のモデルが導入されていますが、3シリーズは FR(後輪駆動)を採用し前後重量配分50:50というBMWのこだわりが色濃く残るモデルです。

パワートレーンはガソリンとディーゼルですべて過給機つき。ガソリン車は1.5リッター3気筒エンジン、2リッター4気筒エンジン、3リッター6気筒エンジンと、ゆったり乗りたい人から怒涛のトルクが欲しい人まで柔軟に対応できるグレード設定です。

例えば、とりあえずBMWの車に乗ってみたい、所有してみたいという人は318i、BMWらしくパワフルな走りを楽しみたいという人は340iなど。運転の傾向や乗り方、用途で選ぶことも可能です。

 

それぞれどんな人に向いている?

 

3シリーズはBMWの中でも歴史のあるモデルで、その性能はお墨付き。日本でもおなじみの欧州ブランドであるため、街中で見かける機会も多いでしょう。希少性を求める方であればS60の方が所有感は満たされるでしょう。

デザインは好みの問題もありますが、現代風にブラッシュアップされたボルボデザインは一線を画す魅力があります。

 

グレード構成は両車共に似ていますが、最上級グレードで見ると、S60は確かにハイスペックエンジンですが2リッター、3シリーズは3.0リッターと排気量は大きく異なります。もちろん、モアパワーを求めるのであれば3シリーズですが、S60でも必要十分以上のパワーを発揮します。ディーゼルモデルはメーカーの味付けの違いがあるため、実際に乗ってみると運転感覚は異なりますが、スペックはかなり近似しています。

 

車はエンジンのフィーリングだけでなく、ボタン類やナビの使いやすさなども愛車と付き合っていく上で非常に大事です。試乗の際にはぜひ、そういった部分にも目を向けてみてください。

高級感のあるスカンジナビアデザインのS60と往年名車である3シリーズ、どちらが魅力に感じるか、ぜひ直接乗り比べてみることをお勧めします。

 

posted by NEXTAGE|株式会社ネクステージ
■ 北欧文化の発信基地 ■
北欧とボルボの魅力を、日本人ならではの感動サービスとともに。

【大阪のボルボ正規ディーラー】

 ボルボ・カー香里園(大坂府 寝屋川市)

 ボルボ・カー堺(大坂府 堺市)

【富山のボルボ正規ディーラー】

 ボルボ・カー富山(富山県 富山市)