Blog

ブログ

2018/7/15 What's VOLVO

ボルボ XC90とメルセデス・ベンツ GLEクラスのスペック、インテリア、快適装備などを比較!

ボルボXC90と、同じセグメントに位置するメルセデス・ベンツのSUVといえば、GLEクラスです。今回は、この2台を同じ価格帯で販売されているXC90 T5 AWD MomentumGLE 350 d 4MATIC比較します。はたしてどのような違いがあるのでしょうか。

※2018年7月現在の現行モデルについて解説しています。

 

 

XC90 T5 AWD Momentumのスペック

現行のXC90は、ボルボSUVのフラッグシップとして、2016年1月より日本に導入されました。3列シート仕様の7人乗りです。

 

エンジンは、2.0Lガソリンターボを搭載。上級モデルとなるT6には、ガソリンターボ+スーパーチャージャー、T8 Twin Engineには、2.0Lガソリンターボ+スーパーチャージャーとプラグインハイブリッドシステムを組み合わせたエンジンが搭載されます。

 

■ボディのスペック

全長×全幅×全高:4,950mm×1,930mm×1,775mm(エアサス装着時1,760mm)

ホイールベース:2,985mm

車両重量:2,060kg(エアサス装着時2,080kg)

乗車定員:7名

タイヤ:235/55 R19

サスペンション:(前)ダブルウイッシュボーン式 /(後)マルチリンク式

 

■エンジンのスペック

エンジン:2.0L直列4気筒DOHCインタークーラーターボチャージャー付

最高出力:187kW(254ps)/5,500rpm

最大トルク:350Nm(35.7kgm)/1,500~4,800rpm

トランスミッション:電子制御前進8速A/T(ロックアップ機構付)ギアトロニック

駆動方式:電子制御4WDシステム

JC08モード燃費:12.9km/L

 

■車両本体価格

7,890,000円〜

 

 

GLE350d 4MATICのスペック

プレミアムSUVの先駆け的存在であったMクラスの後継車が、GLEクラスです。日本仕様の搭載エンジンは、3.0L V6ディーゼルターボAMG仕様には3.0Lと5.5Lのガソリンツインターボが設定されます。

 

■ボディのスペック

全長×全幅×全高:4,825mm×1,935mm×1,795mm

ホイールベース:2,915mm

車両重量:2,250kg(パノラミックスライディングルーフ装着時2,280kg)

乗車定員:5名

タイヤ:255/55 R18

サスペンション:(前)ダブルウイッシュボーン式/(後)マルチリンク式

 

■エンジンのスペック

エンジン:3.0L V型6気筒DOHCインタークーラー付ディーゼルターボ

最高出力:190kW(258ps)/3,400rpm

最大トルク:620Nm(63.2kgf・m)/1,600~2,400rpm

トランスミッション:電子制御9速A/T

駆動方式:4WD

JC08モード燃費:12.9km/L

 

■車両本体価格

8,780,000円〜

 

 

ボディスペック、エンジンスペックを比較

ボディサイズで比較するとXC90 T5 AWD MomentumはGLE350d 4MATICより、ホイールベース+70mm、全長+125mmとなっています。そのホイールベースを利用して、XC90 T5 AWD Momentumは3列シートとなっていることも特徴です。

 

最小回転半径はXC90 T5 AWD Momentumが5.9m、GLE350d 4MATICが5.5m。取り回しの良さで選ぶならGLE350d 4MATICですが、3列シートが必要な方にはXC90 T5 AWD Momentumをオススメします。

 

エンジン性能において、その数値だけで選ぶなら3.0Lディーゼルターボを搭載したGLE 350 d 4MATICです。最大トルクがXC90 T5 AWD Momentumは350Nm(35.7kgm)/1,500~4,800rpm、GLE350d 4MATICは620Nm(63.2kgf・m)/1,600~2,400rpm。トルクの違いは、重量の重いSUVでは大きな違いとなります。

 

インテリアを比較

C90 T5 AWD Momentumは、シート表皮に本革を採用。シートカラーは、ボディカラーによってブロンド、アンバー、チャコールが組み合わせられます。内装色はチャコールまたはチャコールとブロンドの組み合わせとなります。

 

 

一方のGLE350d 4MATICでは、シート表皮にレザーツインを採用。シート座面中央とバックレスト中央部分がファブリック、その他の部分に人工皮革を使用します。インテリアカラーは、ブラックです。

 

本革シートが好きな方や、明るいインテリアを選択したい方には、XC90 T5 AWD Momentum。ブラック内装が好みであったり、本革が苦手な方にはGLE350d 4MATICがおすすめです。

 

XC90 T5 AWD Momentumの空調は、4ゾーン・フルオートマチック・エアコンディショナー(グローブボックス・クーリング機能付)、前席と2列目は左右で個別に温度設定が可能。3列目シートには専用エアコンディショナーが備わります。

 

さらにCleanZone – エア・クオリティ・システム(車内自動換気機能付)には湿度センサーが装備され、つねに車内を快適に保つなど、車内環境にたいしてかなり配慮されています。

 

GLE350d 4MATICでは2ゾーンクライメートコントロール(前席左右独立調整)が標準装備されています。

 

 

安全装備を比較

XC90 T5 AWD Momentumは、先進の安全技術” IntelliSafe(インテリセーフ)”が標準装備されています。インテリセーフは、16種以上の安全技術で構成され、主な機能は以下のとおりです。

●City Safety

 ・衝突回避・軽減フルオートブレーキシステム

 ・インターセクション・サポート(右折時対向車検知機能)

 ・歩行者・サイクリスト・大型動物検知機能(夜間含む)

●オンカミング・レーン・ミティゲーション(対向車線衝突回避支援機能)

●全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)

●パイロット・アシスト(車線維持支援機能)

●ステアリングアシスト付BLIS(後車衝突回避支援機能付ブラインドスポット・インフォメーション・システム)

●LCMA(レーン・チェンジ・マージ・エイド)

●LKA(レーン・キーピング・エイド)

●DAC(ドライバー・アラート・コントロール)

●CTA(クロス・トラフィック・アラート)

●RSI(ロード・サイン・インフォメーション)

●ランオフロード・プロテクション(道路逸脱事故時保護機能)、衝撃吸収機構付フロントシート

●ランオフロード・ミティゲーション(道路逸脱回避支援機能)

●衝突時ブレーキペダルリリース機能

●フル・アクティブ・ハイビーム(LEDヘッドライト)

●360°ビューカメラ

●パーク・アシスト・パイロット(縦列・並列駐車支援機能)

 

一方のGLE350d 4MATICには、以下の先進安全装備が装備されます。

●アダプティブブレーキ(ホールド機能、ヒルスタートアシスト、ドライブレーキ)

●アダプティブブレーキライト

●ESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)

●アテンションアシスト

●レーダーセーフティパッケージ

 ・リア CPA(被害軽減ブレーキ付後方衝突警告システム)

 ・PRE-SAFE®

 ・アクティブブレーキングアシスト(歩行者/飛び出し検知機能付)

 ・アクティブレーンキーピングアシスト

 ・アクティブブラインドスポットアシスト

 ・ディスタンスパイロット・ディストロニック(ステアリングパイロット付)

 ・チャイルドセーフティシートセンサー(助手席)

●クロスウィンドアシスト

●360°カメラシステム

●サイドビューカメラ

●パーキングアシストリアビューカメラ

●パークトロニック

●パーキングパイロット(縦列・並列駐車)

●LEDインテリジェントライトシステム

●アダプティブハイビームアシスト・プラス

●LEDコーナリングライト

●ベルトフォースリミッター付シートベルトテンショナー(前席・後席左右)

 

 

GLE350d 4MATICの自動ブレーキは、検知対象が歩行者のみで、サイクリストや大型動物は検知対象外です。

XC90 T5 AWD Momentum装備された安全技術には、世界初という機能が多いことが特徴。最新の安全機能を手に入れたいのなら、XC90です。

 

XC90は、ボルボSUVのフラッグシップらしく、性能も装備も充実しています。また大型のSUVでありながら、どこかスマートなその外観は、街中でも映えること間違いなしです。

 

➡ボルボXC90の中古車を探す

 

 

posted by NEXTAGE|株式会社ネクステージ
■ 北欧文化の発信基地 ■
北欧とボルボの魅力を、日本人ならではの感動サービスとともに。

【大阪のボルボ正規ディーラー】

 ボルボ・カー香里園(大坂府 寝屋川市)

 ボルボ・カー堺(大坂府 堺市)

【富山のボルボ正規ディーラー】

 ボルボ・カー富山(富山県 富山市)