Blog

ブログ

2018/8/1 What's VOLVO

ボルボ S90とアウディ A6のスペック、インテリア、快適装備などを比較!

ボルボといえばステーションワゴンやSUVのイメージですが、セダンも用意されています。そのフラッグシップとなるモデルがS90です。では、S90とはどんなクルマなのでしょうか。ライバルとなるアウディ A6と比較(2018年7月現在のカタログモデル)し、特長を探ってみましょう。

 

 

■ボルボ S90 T6 AWD R-Designのスペック

2017年2月に、日本での発売を開始したS90は、ボルボ新世代プラットフォーム、SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)と、Drive-Eエンジンを全面採用したモデルで、日本では500台のみの限定販売となります。

 

そのなかのS90 T6 AWD R-Designは、スーパーチャージャーとターボチャージャーを備えた2.0Lエンジンに、AWDを組み合わせ、内外装にスポーティなパーツを奢ったスポーツ仕様です。

 

・ボディのスペック

全長×全幅×全高:4,965mm×1,880mm×1,445mm

ホイールベース:2,940mm

車両重量:1,810kg

乗車定員:5名

タイヤ:(前後)255/35R20

サスペンション:(前)ダブルウイッシュボーン式/(後)マルチリンク

 

・エンジンスペック

エンジン:2.0L直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ+スーパーチャージャー

最高出力:235kW(320ps)/5,700rpm

最大トルク:400Nm(40.8kgm)/2,2005,400rpm

トランスミッション:8速AT

駆動方式:4WD

JC08モード燃費:12.5km/L

 

・車両本体価格

7,490,000円

 

 

■A6 2.0 TFSI quattro のスペック

A6 2.0 TFSI quattroはアウディのミドルクラスセダンで、2011年8月から日本に導入されました。現行モデルは4代目です。8年目のモデルイヤーを迎えつつありますが、ほぼ毎年実施される改良により、意匠変更や装備の追加を行い、モデルの新鮮味を保ち続けています

 

・ボディのスペック

全長×全幅×全高:4,945mm×1,875mm×1,465(※S lineパッケージおよびS lineスポーツサスペンション装着時)mm

ホイールベース:2,910mm

車両重量:1,780kg(※サンルーフ装着時1,800kg)

乗車定員:5名

タイヤ:(前後)245/45R18

サスペンション:(前)5リンクダブルウイッシュボーン(後)トラベゾイダルウイッシュボーン

※前後ともスタビライザーバー付

 

・エンジンのスペック

エンジン:2.0L直列4気筒DOHCターボ

最高出力:185kW(252ps)/5,0006,000rpm

最大トルク:370Nm/1,6004,500rpm

トランスミッション:7速AT(Sトロニック)

駆動方式:4WD

JC08モード燃費:13.6km/L

 

・車両本体価格

6,870,000円

 

 

ボディサイズを比較する

ボディサイズを比較すると、S90 T6 AWD R-Designは全長で20mm、全幅で5mmホイールベースで30mmA6 2.0 TFSI quattroより大きく、それにより最小回転半径はS90 T6 AWD R-Designが5.9m、A6 2.0 TFSI quattroが5.7mとなっています

 

エンジンスペックを比較する

次に、エンジンスペックで比較すると、共に2.0L直4に過給器を装着。S90 T6 AWD R-Designにはターボとスーパーチャージャー、A6 2.0 TFSI quattroにはターボが採用されます。

 

絶対的なパワーではS90 T6 AWD R-DesignがA6 2.0 TFSI quattroを上回ります。日常走行で多用するトルクの比較では、S90 T6 AWD R-Design最大トルク発生回転数が2,200回転A6 2.0 TFSI quattro1,600回転からとA6 2.0 TFSI quattroの方が低回転域で最大トルクを発生するエンジンとなっています。

 

しかしS90 T6 AWD R-Designが搭載するDrive-E T6ユニットは、トルク曲線によると1,500回転で最大トルクの約8割に当たる320Nmほどを発生。実用域でのトルクはA6 2.0 TFSI quattroに引けをとらない、力強さを持ち合わせています。

 

それぞれの趣の違いから、JC08モード燃費はS90 T6 AWD R-Designが12.5km/L、A6 2.0 TFSI quattroが13.6km/Lという数値になっています。

 

 

インテリア、快適装備を比較する

S90 T6 AWD R-Designのインテリアカラーはチャコールで統一されています。シート素材はパーフォレーテッド・ファインナッパレザーを使用します。

 

一方のA6 2.0 TFSI quattroは、標準シートの他に、スポーツシート(フロント)、コンフォートスポーツシート(フロント)のシートも選択することができます。シート素材標準でエフェクトクロス。オプションでパーシャルレザーを選ぶことが可能。またスポーツシート、コンフォートスポーツシートはパルコナレザーとなります。

 

インテリアカラーは、シート&ドアトリム、ダッシュボード上部/下部、カーペットのカラーが、それぞれ別に設定されていますが、標準はブラックで天井のみツナシルバーになります。

 

S90 T6 AWD R-Designの空調設備は4ゾーン・フルオートマチック・エアコンディショナー(グローブボックス・クーリング機能付)、CleanZone – エア・クオリティ・システム(車内自動換気機能付)、リアシート用エアコンディショナー送風口が装備されます。

 

対してA6 2.0 TFSI quattroではデラックスオートマチックエアコンディショナーが標準装備で、オプションで4ゾーンデラックスオートマチックエアコンディショナーが用意されます。

 

 

安全装備を比較する

S90 T6 AWD R-Designには15以上もの先進安全装備を含む”インテリセーフ”が搭載されます。その機能は次の通りです。

 

●City Safety

・衝突回避・軽減フルオートブレーキシステム

・インターセクション・サポート(右折時対向車検知機能)

・歩行者・サイクリスト・大型動物検知機能(夜間含む)

●全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)

●パイロット・アシスト(車線維持支援機能)

●BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)

●LCMA(レーン・チェンジ・マージ・エイド)

●LKA(レーン・キーピング・エイド)

●DAC(ドライバー・アラート・コントロール)

●CTA(クロス・トラフィック・アラート)

●RSI(ロード・サイン・インフォメーション)

●ランオフロード・プロテクション(道路逸脱事故時保護機能)、衝撃吸収機構付フロントシート

●ランオフロード・ミティゲーション(道路逸脱回避支援機能)

●衝突時ブレーキペダルリリース機能

●フル・アクティブ・ハイビーム(LEDヘッドライト)

●360°ビューカメラ

● パーク・アシスト・パイロット(縦列・並列駐車支援機能)

 

A6 2.0 TFSI quattroは、衝突時に前席シートベルトの緩みを無くす、「プレゼンスベーシック」と「クルーズコントロール」、「リヤビューカメラ標準装備されます。また、メーカーオプションで「アクティブ・クルーズコントロール」「アウディサイドアシスト/アウディアクティブレーンアシスト」などの装備を追加することもできます。

 

 

エンジンの最大トルク発生回転数、燃費でA6 2.0 TFSI quattroがS90 T6 AWD R-Designを上回ります。ただし先進安全装備はS90 T6 AWD R-Designのほうが、標準装備される機能が多くなっており、ボルボの車に対する考え方が分かりやすく表れているようです。

 

 

posted by NEXTAGE|株式会社ネクステージ
■ 北欧文化の発信基地 ■
北欧とボルボの魅力を、日本人ならではの感動サービスとともに。

【大阪のボルボ正規ディーラー】

 ボルボ・カー香里園(大坂府 寝屋川市)

 ボルボ・カー堺(大坂府 堺市)

【富山のボルボ正規ディーラー】

 ボルボ・カー富山(富山県 富山市)