Blog

ブログ

2018/8/5 What's VOLVO

ボルボ V60クロスカントリーとアウディ A4オールロードクワトロのスペック、インテリア、快適装備などを比較!

ステーションワゴンの最低地上高を上げSUV仕様とした先駆的存在にアウディ オールロードシリーズがありますが、ボルボではクロスカントリーシリーズが同様のコンセプトです。2018年7月時点の現行モデルを比較しました。

 

 

ボルボ V60 クロスカントリー T5 AWD Classicのスペック

2011年6月にV60が日本上陸してから4年後の、2015年10月よりV60クロスカントリーが日本で発売されました。V60との違いはフェンダーカバー、アンダーカバー、ルーフレールなどを装備していることに加え、地上最低高を200mmに引き上げた点です。

 

・ボディのスペック

全長×全幅×全高:4,640mm×1,865mm×1,540mm

ホイールベース:2,775mm

車両重量:1,760kg

乗車定員:5名

タイヤ:(前後)235/45R19

サスペンション:(前)マクファーソンストラット式/(後)マルチリンク式

 

・エンジンのスペック

エンジン:2.0L直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボチャージャー

最高出力:180kW(245ps)/5,500rpm

最大トルク:350Nm(35.7kgm)/1,500~4,800rpm

トランスミッション:8速AT

駆動方式:AWD

JC08モード燃費:13.1km/L

 

・車両本体価格

5,490,000円

 

 

アウディ A4 オールロードクワトロのスペック

オールロードシリーズは、1999年にA6アバントをベースに初代モデルが開発されました。A4アバントをベースとしたA4オールロードクワトロは、2010年より日本で数回の限定発売を経て、2014年8月からカタログモデルとなりました。

 

A4アバントとの外観上の違いは、SUVらしさを演出するパーツ類の装着とロードクリアランスを170mmに引き上げ、フロントエアインテーク内の桟をアバントの横型から縦型に変更している点です。

 

・ボディのスペック

全長×全幅×全高:4,750mm×1,840mm×1,490mm

ホイールベース:2,820mm

車両重量:1,680kg(※パノラマサンルーフ装着時1,700kg)

乗車定員:5名

タイヤ:(前後)225/55R17

サスペンション:(前後)ウイッシュボーン式

 

・エンジンのスペック

エンジン:2.0L直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ

最高出力:185kW(252ps)/5,000~6,000rpm

最大トルク:370Nm(37.7kgm)/1,600~4,500rpm

トランスミッション:7速AT

駆動方式:4WD

JC08モード燃費:14.6km/L

 

・車両本体価格

6,580,000円

 

 

ボディスペック、エンジンスペックを比較する

ボディサイズで比較すると、V60 クロスカントリー T5 AWD Classicは、A4 オールロードクワトロより、全長が110mm短いものの、全幅は25mm、全高は50mmそれぞれ大きく、塊感のあるボディです。

 

最小回転半径は、V60 クロスカントリー T5 AWD Classicが5.7m、A4 オールロードクワトロが5.5mです。前後取り回しの良さは、わずかにA4 オールロードクワトロに分があります。

 

最低地上高は、V60 クロスカントリー T5 AWD Classicが200mm、A4 オールロードクワトロが170mmです。

 

エンジン性能は最高出力、最大トルク、最大トルク発生回転数はほぼ互角です。燃費ではA4 オールロードクワトロが1.5km/L上回ります。

 

 

インテリア、快適装備を比較する

V60 クロスカントリー T5 AWD Classicのシート素材は本革で、シートカラーはソフトベージュです。インテリアカラーはアンスラサイトブラックになります。外装色がオニキスブラックメタリックの場合のみ、シートカラーはオフブラック、インテリアカラーはアンスラサイトブラックとクウォーツのコンビです。

 

一方、A4 オールロードクワトロのシートは、シート素材がミカドクロスとなっています。インテリア色はシート&ドアトリム、ダッシュボード上部・下部、カーペット、天井ごとに配色設定があり、外装色によって組み合わせは異なります。内装のカラーバリエーションは、A4 オールロードクワトロの方が多いです。

 

V60 クロスカントリー T5 AWD Classicの空調設備はECC(電子制御フルオートマチック・エアコンディショナー)、アクティブ・キャビン・フィルター、車内自動換気システムが標準装備されます。A4 オールロードクワトロでは3ゾーンオートマチックエアコンディショナーが標準装備されます。

 

 

安全装備を比較する

V60には10以上の先進安全機能を備えた”インテリセーフ”が標準搭載されます。内容は次の通りです。

 

●歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム(ミリ波レーダー、デジタルカメラ、赤外線レーザー方式)

●全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)

●DAC(ドライバー・アラート・コントロール)

●LKA(レーン・キーピング・エイド)

●BLISTM(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)

●LCMA(レーン・チェンジ・マージ・エイド)-急接近車両警告機能

●CTA(クロス・トラフィック・アラート)

●RSI(ロード・サイン・インフォメーション)

●フル・アクティブ・ハイビーム

●リアビューカメラ

 

一方のA4 オールロードクワトロには、衝突時に前席シートベルトの緩みをなくすプレゼンスベーシックアクティブ・クルーズコントロール標準装備されます。また、アウディサイドアシスト、プレゼンス リアなどの装備をオプションで追加できます。

 

しかし、DAC、CTA、RSIに相当する機能はありません。表示と音でドライバーに警告。必要に応じてブレーキ(必要な場合はフルブレーキ)を作動させ衝突を回避します。

 

 

V60 クロスカントリー T5 AWD Classicと、アウディ A4オールロードクワトロを比べると、アウディ A4オールロードクワトロは、最大トルクが大きいのにも関わらず低燃費ですが、V60 クロスカントリー T5 AWD Classicにはより多くの先進安全装備が標準装備されています。安全性を優先するオーナーには、V60 クロスカントリー T5 AWD Classicはお買い得と言えるでしょう。

 

posted by NEXTAGE|株式会社ネクステージ
■ 北欧文化の発信基地 ■
北欧とボルボの魅力を、日本人ならではの感動サービスとともに。

【大阪のボルボ正規ディーラー】

 ボルボ・カー香里園(大坂府 寝屋川市)

 ボルボ・カー堺(大坂府 堺市)

【富山のボルボ正規ディーラー】

 ボルボ・カー富山(富山県 富山市)