Blog

ブログ

2018/8/24 What's VOLVO

ボルボ XC90 T5 AWD モメンタムとランドローバー ディスカバリー HSE(ガソリン車)のスペック、標準装備を比較!

XC90は、ボルボが展開する新世代SUVのフラッグシップモデルです。ボルボが誇る安全技術をあますところなく搭載しているだけでなく、シンプルかつ機能的な北欧デザインに、フラッグシップとしてのラグジュアリーさを加えた内外装のデザインが魅力です。

 

一方、2017年に登場したランドローバー ディスカバリーは、英国のSUVブランドであるランドローバーの名車を現代的に再解釈し、伝統と革新を両立させた意欲作です。

 

その2台の日本で販売されているベーシックモデルが、ボルボ XC90 T5 AWD モメンタムとランドローバー ディスカバリー HSE(ガソリン車)です。国籍以外にどのような違いがあるのか、比較してみましょう。

 

 

■スペック比較

ボルボ XC90 T5 AWD モメンタムのスペック

・ボディスペック

全長×全幅×全高:4,950mm×1,930mm×1,775mm

ホイールベース:2,985mm

車両重量:2,060kg

乗車定員:7名

タイヤ:235/55R19

サスペンション:(前)ダブルウィッシュボーン/(後)マルチリンク式

 

・エンジンスペック

エンジン:2.0L 直列4気筒DOHCインタークーラー付ガソリンターボチャージャー

最高出力:187kW(254ps)/5,500rpm

最大トルク:350Nm(35.7kgm)/1,500~4,800rpm

トランスミッション:8速AT

駆動方式:AWD

JC08モード燃費:12.9km/L

 

・車両本体価格

7,890,000円~

  

●ランドローバー ディスカバリー HSE(ガソリン車)のスペック

・ボディスペック

全長×全幅×全高:4,970mm×2,000mm×1,890mm

ホイールベース:2,925mm

車両重量:2,360kg

乗車定員:5/7名

タイヤ:(前後)255/55R20

サスペンション:(前)ダブルウィッシュボーン式/(後)マルチリンク式

 

・エンジンスペック

エンジン:3.0L V型6気筒スーパーチャージドガソリンエンジン

最高出力:250kW(340ps)

最大トルク:450Nm(45.9kgm)

トランスミッション:8速AT

駆動方式:AWD

JC08モード燃費:8.5km/L

 

・車両本体価格

8,197,000円~

 

 

■デザインはどんな違いがある?

XC90は、ボルボのフラッグシップSUVということもあり、堂々たるボディをもっていますが、ディスカバリーはそれよりも大きく、全幅は2mにも達します。日本国内で乗るには、実際の取り回しの前に、その数字に圧倒されてしまうかもしれません。

 

デザインは、XC90がモダンでクリーンな印象のスカンジナビアンデザインをベースにしているのに対し、ディスカバリーは現代的な要素と高い悪路走破性を想像させるボクシーな部分を融合させたものになっています。ディスカバリーはこのスタイリングが特徴なので、ここを気に入ることができるかどうかは大きなポイントでしょう。

 

次は安全装備と運転支援機能をみてみましょう。

 

 

安全装備と運転支援機能を比較

●ボルボ XC90 T5 AWD モメンタムの標準装備

◎インテリセーフ

 ・City Safety  [衝突回避・軽減フルオートブレーキシステム /インターセクション・サポート(右折時対向車検知機能/歩行者・サイクリスト・大型動物検知機能(夜間含む) )

 ・オンカミング・レーン・ミティゲーション(対向車線衝突回避支援機能)

 ・全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)

 ・パイロット・アシスト(車線維持支援機能)

 ・ステアリング・アシスト付BLIS(後車衝突回避支援機能付ブラインドスポット・インフォメーション・システム)

 ・LCMA(レーン・チェンジ・マージ・エイド)

 ・LKA(レーン・キーピング・エイド)

 ・DAC(ドライバー・アラート・コントロール)

 ・CTA(クロス・トラフィック・アラート)

 ・RSI(ロード・サイン・インフォメーション)

 ・ランオフロード・プロテクション(道路逸脱事故時保護機能)、衝撃吸収機構付フロントシート

 ・ランオフロード・ミティゲーション(道路逸脱回避支援機能)

 ・被追突時警告機能(静止時オートブレーキ機能付)

 ・フル・アクティブ・ハイビーム(LEDヘッドライト)

 ・360°ビューカメラ

 ・衝突時ブレーキ保持機能

 

・デュアルモード・エアバッグ(運転席/助手席)

・サイド・エアバッグ(フロント2席)

・ニー・エアバッグ(運転席)

・IC(インフレータブルカーテン)

・頭部側面衝撃吸収エアバッグ

・電動プリクラッシュ・テンショナー付フロントシートベルト

・WHIPS(後部衝撃吸収リクライニング機構付フロントシート)

・ISO FIXアタッチメント(リア左右2席)

・パーク・アシスト・パイロット(縦列・並列駐車支援機能)

・衝突時ブレーキペダルリリース機能

・ヒル・スタート・アシスト

・ヒル・ディセント・コントロール

・IDIS(インテリジェント・ドライバー・インフォメーション・システム)

・EBD(エレクトロニック・ブレーキフォース・ディストリビューション)機構付 ABS(アンチロック・ブレーキシステム)

・HBA(ハイドロリック・ブレーキアシスト)およびRAB(レディ・アラート・ブレーキ)

・スポーツモード付ESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール)

・アドバンスト・スタビリティ・コントロール

・コーナー・トラクション・コントロール

・RSC(ロール・スタビリティ・コントロール)

 

●ランドローバー ディスカバリー HSE(ガソリン車)の主要装備

・リアビューカメラ

・サラウンドカメラシステム

スピードリミッター付クルーズコントロール

・レーンキープアシスト&居眠り注意機能

・フロント/リアパーキングエイド

運転席/助手席エアバック

・フロントサイドエアバッグ

・サイドカーテンエアバッグ

・急ブレーキ時のハザードライト

・ロールオーバーセンシング

・助手席/3列目シートISOFIX

電子制御エアサスペンション

電子制御センターディファレンシャル

4輪電子制御トラクションコントロール(ETC)

・オールテレインプログレスコントロール

・ウェイドセンシング

テレインレスポンス5モード(岩場モード含む)

ヒルディセントコントロール(HDC)

アンチロックブレーキシステム(ABS)

・ダイナミックスタビリティコントロール

ロールスタビリティコントロール(RSC)

エマージェンシーブレーキアシスト(EBA)

エマージェンシーストップシグナル

電子制御ブレーキディストリビューション(EBD)

グラディエントアクセレーションコントロール(GAC)

・ロートラクションローンチ

 

●ランドローバー ディスカバリー HSE(ガソリン車)のオプション装備

・自動緊急ブレーキ

・アダプティブLEDヘッドライト

・アダプティブクルーズコントロール

・レーンデパーチャーワーニング

・ドライバーコンディションモニター

・レーンキープアシスト

・360°パーキングエイド

・パークアシスト

・テレインレスポンス2

オールテレインプログレスコントロール(ATPC)

・ブラインドスポットモニター&リバーストラフィックディテクション

・ブラインドスポットアシスト

・アクティブリアロッキングディファレンシャル

 

XC90 T5 AWD モメンタムは、ボルボの持つ安全技術のすべてが搭載されているといっても過言でない充実した装備が魅力。一方、ランドローバー ディスカバリー HSE(ガソリン車)は、オプションを追加することで安全性をより高めることができますが、やはり安全装備についてはXC90 T5 AWD モメンタムに分があると言えるでしょう。

 

また、ヒル・ディセント・コントロールやロール・スタビリティ・コントロールなどが装備されており、オフロードや雪道などの悪路でも十分なものといえるでしょう。

 

もし、ハードな悪路走破性能を重視するのであればランドローバー ディスカバリー HSE(ガソリン車)は良い選択肢ですが、クロスオーバーSUVの延長として考えるのであれば、XC90 T5 AWD モメンタムをオススメします。

 

➡お求めやすいXC90の認定中古車を手に入れよう!さっそく在庫をチェック!

 

posted by NEXTAGE|株式会社ネクステージ
■ 北欧文化の発信基地 ■
北欧とボルボの魅力を、日本人ならではの感動サービスとともに。

【大阪のボルボ正規ディーラー】

 ボルボ・カー香里園(大坂府 寝屋川市)

 ボルボ・カー堺(大坂府 堺市)

【富山のボルボ正規ディーラー】

 ボルボ・カー富山(富山県 富山市)