Blog

ブログ

2018/11/16 What's VOLVO

ボルボ S60 D4 Tackとジャガー XE SEを比較!

欧州自動車メーカーの中でも、独特の個性を持つのが、ボルボとジャガーです。両社が製造する車両はセダン、エステート、SUVと幅広いラインナップがありますが、今回は両メーカーのミドルクラスセダンであるボルボ S60 D4 タックとジャガー XE SEを比較してみます。

※2018年9月時点で日本で販売されているモデルを比較します。

 

■エクステリアの比較

BMW 3シリーズやメルセデスCクラスと同じ、Dセグメントに位置するボルボ S60とジャガー XE。ボディタイプは、ノッチバックスタイルの4ドアセダンで、いずれもスポーティなシルエットを持っています。

●S60 D4 Tackのボディサイズ

全長×全幅×全高:4,635mm×1,845mm×1,480mm

ホイールベース:2,775mm

車両重量:1,620kg

乗車定員:5名

サスペンション:(前)マクファーソンストラット式/(後)マルチリンク式

タイヤ(前後):215/50R17

新車価格:4,490,000円

 

●XE SEのボディサイズ

全長×全幅×全高:4,680mm×1,850mm×1,415mm

ホイールベース:2,835mm

車両重量:1,660kg

乗車定員:5名

サスペンション:(前)ダブルウィッシュボーン式フロントサスペンション式/(後)インテグラルリンク・リアサスペンション式

タイヤ(前後):205/55R

新車価格:4,510,000円

ほぼ同じサイズの両車ですが、S60は全高が65mm高く、XEはホイールベースが60mm長くなっています。どちらも後部座席の居住性に影響するので、実車を確認したいところです。

 

■インテリアの比較

S60のシート素材は本革で、オフブラックとソフトベージュが用意されます。シートカラーとインテリアカラーはボディカラーによって決まります。その組合せは次の通りです。(※●はボディーカラーです。)

 

●アイスホワイト、オニキスブラックメタリック、ブライトシルバーメタリック

シート:オフブラック

インテリア:アンスラサイトブラック

ルーフライニング:クウォーツ

 

●マジックブルーメタリック、クリスタルホワイトパール、ルミナスサンドメタリック

シート:ソフトベージュ

インテリア:アンスラサイトブラック

ルーフライニング:ソフトベージュ

 

XE SEではシート素材はプレミアムクロスとなります。シートカラーは3色で、それぞれに合わせて内装色の組合せが異なります。その組合せは次の通りです。(※●はシートカラーです。)

 

●エボニー、ラテ

アッパーフェイシア:エボニー

ヘッドライニング:ライトオイスター

カーペット:エボニー

フィニッシャー:グロスブラック

 

●ペブルグレー

アッパーフェイシア:オイスター

ヘッドライニング:ライトオイスター

カーペット:オイスター

フィニッシャー:グロスブラック

 

S60  D4 タックは、本革シートが装備されています。XE SEは、プレミアムクロスという違いがあります。

 

■走行性能の比較

走行性能に直結するエンジンスペックを比較します。

 

●S60 D4 Tack

エンジン:2.0L 直列4気筒DOHC16バルブ(インタークーラー付ディーゼルターボ)

最高出力:140kW(190ps)/4,250rpm

最大トルク:400Nm(40.8kgm)/1,750~2,500rpm

トランスミッション:電子制御前進8速A/T(ロックアップ機構付)ギアトロニック

駆動方式:FF

JC08モード燃費:20.9km/L

 

●XE SE

エンジン:2.0L直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ

最高出力:147kW(200ps)/5,500rpm

最大トルク:320Nm(32.6kgm)/1,300rpm

トランスミッション:電子制御前進8速AT

駆動方式:AWD

JC08モード燃費:13.5km/L

 

S60はディーゼルターボ、XEはガソリンターボをそれぞれ搭載します。S60は最高回転数が低いものの最大トルクを低回転から幅広い回転数で発揮し、燃費が良いという特徴があります。

 

XEは最大トルクが1,300rpmと低回転域で発生するものの、燃費でディーゼルのS60に劣ります。しかし、ガソリンエンジンならではの吹け上がりの良さという官能面では、ディーゼルに勝ります。

 

■先進安全装備と運転支援装備の比較

両車が標準搭載する先進安全装備や運転支援装備を比較します。

 

●S60 D4 Tack

◎インテリセーフ

  – 歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム(ミリ波レーダー、デジタルカメラ、赤外線レーザー方式)

  – 全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)

  – DAC(ドライバー・アラート・コントロール)

  – LKA(レーン・キーピング・エイド)

  – BLISTM(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)

  – LCMA(レーン・チェンジ・マージ・エイド)-急接近車両警告機能

  – CTA(クロス・トラフィック・アラート)

  – RSI(ロード・サイン・インフォメーション)

  – フル・アクティブ・ハイビーム

  – リアビューカメラ

◎その他

・車間警告機能

・IDIS(インテリジェント・ドライバー・インフォメーション・システム)

・アダプティブ・ブレーキライト

・HBA(ハイドロリック・ブレーキアシスト)およびRAB(レディ・アラート・ブレーキ)

・スポーツモード付ESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール)

・アドバンスト・スタビリティ・コントロール

・コーナー・トラクション・コントロール

・ヒル・スタート・アシスト

・パークアシスト(リア)

●XE SE

・JaguarDriveコントロール(エコ/ダイナミック/ノーマル /ウィンター)モード

・トルクベクタリングバイブレーキ

・ダイナミックスタビリティコントロール

・ヒルローンチアシスト

・エマージェンシーブレーキアシスト

 

S60では先進安全装備、運転支援装備ともほぼ標準装備ですが、XEでは車両制御系の運転支援装備のみが標準装備。自動ブレーキなどの先進安全装備はすべてオプションです。

 

S60とXEは、同じDセグメントながら、搭載エンジン、シート素材、先進安全装備の充実度で大きな違いがありました。車両本体価格はS60 D4 Tackが449万円、XE SEが451万円とほぼ同額。欧州ではすでにS60新型が販売されているものの、十分な動力性能、豪華な室内、充実した先進安全装備と運転支援装備は、満足の行く1台となるでしょう。